Future Store NOW 継続的近未来スーパーマーケット研究

主催:新日本スーパーマーケット協会

MENU

Future Store "NOW"について

はじめに

刻々と変化するお客様ニーズに応えるべく“リアル店舗”としての強みを
どう発信していくかが鍵となっております。

業態のボーダーレス化が進みつつある現在の食品流通において、地域のライフラインとしてお客様を支えるスーパーマーケットは、少子高齢化や労働力不足など、さまざまな課題を抱えております。 こうした状況を踏まえ、豊かな食生活を支える地域のライフラインとしてお客様、従業員、そして地域社会に「近づき」、「寄り添う」ことをテーマに一般社団法人新日本スーパーマーケット協会では「Future Store “NOW” 継続的近未来スーパーマーケット研究」を立ち上げました。
2年目となる本プロジェクトは、時代や社会環境を示す今の情報を取りまとめ、ライフスタイルの変化の現場での知見を生活インサイトから提示し、スーパーマーケットにどのような進化が必要か、推進協議会を設置し、ディスカッションを重ねております。また、その成果を「スーパーマーケット・トレードショー」におけるリアル展示と、ウェブを中心としたバーチャル展示を通じ、広く情報発信に努めております。

Future Store “NOW”は、近未来のスーパーマーケットを
生活者および小売業の目線で中長期的かつ継続的に研究し、
展示会やウェブを通じて情報提供するプロジェクトです。

第一期である初年度は、生活者とスーパーマーケットを取り巻く課題について、小売業と関連事業者がともに考える場として「Future Store “NOW”推進協議会」を6回にわたり開催してまいりました。
そして、その中で浮かび上がったキーワード「お客さまに近づき、寄り添う」をテーマに、成果発表の場として第51回スーパーマーケット・トレードショー2017内での特別企画展示を行い、多くの方にご参加いただきました。
第二期は、近未来のスーパーマーケットに求められるソリューションについて、個別テーマに沿ってより具体的な取り組みを研究してまいります。

  • 活動報告の模様1
  • 活動報告の模様2
  • Future Store 'NOW' 2017
  • Future Store 'NOW' 2017
  • Future Store 'NOW' 2017